理事長より皆様へ

私がキャンドルをつくるようになったきっかけは、2011年夏の「絵ロウソク体験」でした。
2011年3月「花とアロマの教室Lachicラ・シ・ク」を立ち上げた直後に東日本大震災が起こり、気力もやるべきことも見失い実家に帰省していた際の事です。「仏壇用のろうそくに絵を描く」というものでしたが、想像以上に楽しく、ロウソクの灯りに何ともいえない深い癒しを感じました。

東京に戻った私は、すぐに本格的なキャンドルづくりを学びはじめました。その後、自分の専門分野である「精油」で香りづけしたキャンドルづくりに取り組み、炎のゆらぎと精油の心身への作用、そして色の持つ意味や効果をプラスした「キャンドルによるセラピー」を目指すようになったのです。2013年3月には「キャンドルと音楽」のイベント、「3・11祈り」を実施し、皆様に大きな感動と共感をいただく事ができました。

そして、キャンドルは思いもかけない出会いを与えてくれました。
2014年6月に新設した「アロマキャンドルセラピストコース」に集まってきた皆様との素晴らしい出会い、それが協会を設立するきっかけとなったのです。大切な家族を亡くされた心の傷を癒すため、お子様の心の問題と向き合うため、ご自分の病との闘いを支えるため、自宅起業を目指すため、家族のストレスを癒すため・・などなどキャンドルに込められた思いは様々でした。同じ思いをもつたくさんの方々に「キャンドルの色と香りの癒し」と「暮らしに活かす方法」を発信できる協会をつくりたい!そうした思いから、2015年6月16日、NPO法人の設立に至りました。

キャンドルは単なる雑貨や制作物にとどまらず「人を癒し、人と人をつなぎ、心を満たしてくれる」ものです。キャンドルに火を灯すとき、そしてつくる過程においても、色や香り、炎の揺らぎなどが、みる人の心身に働きかけ、バランスを整えてくれるのです。

今、日本は心の病いに苦しむ若者が増え、さらには4人に1人が高齢者という時代となってます。どの世代も心身共にいきいきと生きるためには、「楽しみながら心身のバランスを取り健康を維持する」ことが大切なのではないでしょうか。そんなライフスタイルに「キャンドル」が貢献できるのではないかと考えています。

これからまだまだ研究すべき事柄がたくさんあります。2016年より着手する「キャンドルセラピー調査・研究」はかなり興味深いものになると期待していますが、それにはたくさんの力が必要です。

こうした活動を一緒に行ってみませんか?

自分が楽しみ、暮らしに彩りを与えることでまわりの人まで心身ともに健やかになる。
そんな穏やかな暮らしの実現を目指しています。

アロマ&キャンドルライフ協会 理事長 福岡里紗

アロマ&キャンドルライフ協会 理事長 福岡里紗

理事長プロフィール

Web:http://www.lachic-flower.com/
Blog:http://ameblo.jp/lachic-flower/
Facebook:https://www.facebook.com/risa.fukuoka.5